2021/2022シーズン 経営方針

監督 藤原良浩から

私たちにとって、「試合に勝つこと、強くなること」これらは目的でなく、あくまで手段にしか過ぎない。私たちの目的は存在意義を果たすこと。文教大学体育会サッカー部における”存在意義”を以下の通りとする。

存在意義

For my family(家族にとって)

我々のプレーを見て、何度でも青春を謳歌してもらいます。

いつも、自分の近くにいてくれた。 今日まで何不自由のない生活を送らせてもらい、健康な身体に育ててくれた。 そんな家族に対し、サッカーを通し‘恩返し’をしてもらいたい。


『息子の試合を観に来るのが週末の楽しみだ』


そう言ってもらえる存在になってもらいたい。だから我々は勝たなければならないし、強くなければならない。



For our fans(ファンにとって)

我々のプレーを見て、何度でも熱狂してもらいます。

小学校・中学校・高校・大学、バイト先を通して、多くの仲間に出会った。 今日まで充実した日々を過ごせたのは、まぎれもないその方々のお陰である。 そんな方々・OB(ファン)に対し、サッカーを通し‘恩返し’をしてもらいたい。


『文教の試合を観に来るのが週末の楽しみだ』


そう言ってもらえる存在になってもらいたい。だから我々は勝たなければならないし、強くなければならない。



For bunkyo(文教にとって)

学生主体運営の模範となり、文教大学体育会を牽引する存在となります。

文教大学には、学生主体で運営している部活動が多くある。 教師を目指す学生が多く、どの部活も協調性に優れる。その一方、学生主体運営には乗り越えるべき課題が多い。 そんな、文教大学体育会部活に所属する部員から


『サッカー部はどうやって運営しているの?』


そう他部活から尋ねられ、頼られる存在になってもらいたい。 だから私たちは勝たなければならないし、強くなければならない。



For us(私たちにとって)

サッカー人生史上最も熱い時間を過ごせる場所にします。

これまでのサッカー人生、誰もがかけがえのない経験をしてきたはずだ。それらを全て大事にしなければならないが、過去の自分が人生のピークになる、そんな選手にはなってもらいたくない。


『大学サッカーは最高だ!』


そう、胸を張り、社会に羽ばたいていける、そんな存在(チーム)になってもらいたい。だから私たちは勝たなければならないし強くなければならない。




これが私のMISSION(存在意義)だ。



成績目標

北関東二部リーグ優勝

2022年度・北関東二部チーム編成
(埼玉大学・駿河台大学・東洋大学川越大学・宇都宮大学・スポーツウェルネス大学・高崎経済大学・茨城大学・群馬大学・関東学園大学)

2022年チームスローガン

胸を張れるチームになる

「胸を張れる」

とは、自信に満ちた態度、威勢を示す。「胸を張る」ためには、自らの行動に自信も持つ必要がある。また、「胸を張る」ためには徹底した準備を必要とする。

文教大学体育会サッカー部一同は、文教大学を背負っている自覚を持ち、サッカー・私生活・人間性、全ての面において、「胸を張れるチーム」であることを目指し、体現する。

体制

選手

1年 16名(マネージャー1名)
2年 12名(マネージャー1名)
3年 9名(マネージャー1名)
4年 7名
計44名

スタッフ

部長 宮野周
監督 藤原良浩
GKコーチ 若田和樹
ロールモデルコーチ 岩田健吾